A問題, B問題

高度気道確保(ラリンゲアルマスク)について 高度気道確保とは 高度気道確保とはデバイスを使用して気道確保する方法です。救急救命士標準テキスト9版では、ラリンゲアルマスク・ラリンゲアルチューブ、アイジェル等があります。 ※適応等につきましては過去記事(特定行為適応の対策)をご覧くだ ...

A問題, B問題, C問題, D問題, 救急救命士総合情報

救急救命士国家試験過去問題の見直し 皆さん こんにちは。いよいよ第42回救急救命士国家試験まで間もなくとなりました。ここからは救急救命士過去問題で出題されている部分をピックアップしまして、教科書と照らし合わせながら勉強をしてみてください。 残り4日(平成31年3月5日 現在)です ...

A問題, B問題, C問題

糖尿病性ケトアシドーシス・高浸透圧高血糖症候群の対策 救急救命士に新しく認められるようになったブドウ糖溶液の投与に関連して近年特に、糖尿病及びそれに付随する疾患が多く出題される傾向となりました。今回は糖尿病性ケトアシドーシス及び高浸透圧高血糖症候群について再度見直していきましょう ...

B問題

パルスオキシメーター 救急救命士国家試験必修問題にもよく出題される機材です。基本的な機材ですが再度、重要となる部分を確認していきましょう!! 参照:救急救命士標準テキスト上巻P438~439 目的 ・呼吸状態(とくに肺の酸素化の状態) ・酸素投与、人工呼吸を行った際の効果確認 構 ...

A問題, B問題

第2章 救急医学概論 問題No2 講義内で使用しているプリントをアップロードしました。下記注意を読み使用してください。 注意事項 ①商用目的の使用を禁止します。 ②配布目的等での使用を禁止します。 ③テキストをベースに作成しております。従いまして間違い、入力ミスがある場合がありま ...

A問題, B問題

第2章 救急医学概論 問題No1 講義内で使用しているプリントをアップロードしました。下記注意を読み使用してください。 注意事項 ①商用目的の使用を禁止します。 ②配布目的等での使用を禁止します。 ③テキストをベースに作成しております。従いまして間違い、入力ミスがある場合がありま ...

A問題, B問題

無脈性電気活動(PEA)・心静止(Asystole) 無脈性電気活動(PEA)・心静止(Asystole)で搬送される傷病者の多くは発生する原因があります。救急救命士標準テキストでは下巻に5H5T等の表現で記載されておりますが、今回はABCD~バージョンについて記載したいと思いま ...

A問題, B問題

血圧測定の対策 血圧測定方法の注意点とポイントをまとめました。 血圧測定 動脈の圧を非侵襲的に測定する。 →非侵襲的とは・・・患者さんに痛みを与えない事。逆に侵襲的は痛みを伴う処置等で静脈路確保などが該当します。 アネロイド式血圧計・自動血圧計 アネロイド式血圧計の特徴 携帯性と ...

A問題, B問題

ブドウ糖溶液の投与 適応 実施すべき傷病者は以下の通りです。 ①血糖値が50mg/dL未満である傷病者 ②15歳以上(推定も含む)である。 ※血糖値の測定には年齢区分はありませんが、ブドウ糖溶液の投与には年齢制限があります。 ※ブドウ糖溶液に投与には医師の具体的指示が必要です。 ...

B問題, C問題, D問題

エピペン®の対策 適応 アナフィラキシーショックを認める傷病者で、自己注射可能なアドレナリン製剤(エピペンン®)を所持している傷病者。 ※エピペン®は必ず本人に処方されたものを使用する。(家族・兄弟等の物も使用出来ない) 薬液量 体重30㎏以上の傷病者・・・エピペン®注射液0.3 ...