最近ご質問があったイベント救護について

皆さん こんにちは。

今日から皆さんから寄せられた質問や私が感じたことなどを公開していこうと思います。

 

イベント救護について下記の内容の質問をよく受けますので回答を載せます。参考にしていただければと思います。

 

・救護の人数をどれくらいに設定したら良いか?

→これは参加者の人数や種目などにより違います。またお酒を提供するイベントなどでは危険性が高まりますし、救護員に対しての暴力などにも発展する可能性があります。

私たちの事業所ではまず昨年度の参加者数・スタッフ数・内容・危険因子(飲酒など)の情報をもとに人数を決定しています。

ただ予算などのルールもありますし安全を最大限発揮させるには、イベントスタッフの教育だと思います。救護インへの迅速な通報・心肺蘇生法などの講習会を事前に受講していただくことをお勧めしています。

 

・既存の医師・看護師の紹介事業所もあるが・・・

→すべての紹介事業所がそうではないと思いますが、直前に救護員が決まり、どんな方が来るか不明な場合が多いです。多くは派遣登録された方々がいらっしゃいます。

ですので担当者が一貫して担当する当事業所へご依頼いただければと思います。

 

というご質問が多いですね。

まだまだ認知度が少ない救急救命士ですが今では消防署はもちろんのこと、救命救急センターや大型商業施設など様々な場所で活動をしています。

この機会にぜひ救急救命士を要請してみてください!!

 

質問も無料にて受付中ですのでお気軽にご相談ください(^^♪

 

代表 佐藤武諭毅