救急救命士国家試験について

皆さん こんにちは。

今日は少し救急救命士国家試験についてお伝えします。

私は救急救命士を養成する学校で非常勤講師をしております。これから救急救命士を受験する人、浪人生で今年受験を考えている人に見て頂ければと思います。

 

今年の試験は従来と少し違います。

・新特定行為の問題が出題される(血糖測定・ブドウ糖投与・心停止前静脈路確保)

・出題問題数の変更(A問題120問 B問題30問 C問題10問 D問題40問)

・試験時間の変更(午前:160分 午後:160分)

 

救急救命士に新たに認められた新特定行為の問題が出題されます。当事業所でも通信教育事業を開始し、オリジナルの問題を作成しています。

また試験問題が変更になりました。B問題、C問題のいわゆる必修問題の試験問題数が増えましたね。また問題数変更に伴い試験時間も変更になっておりますので時間配分にも気を付けて試験問題を解く練習して下さい。

 

C問題・D問題は配点数が高いですので早めに対策される事をお勧めします。当事業所でもスタートは状況設定問題から徹底的に解説しております。

A問題・B問題に関してはほぼ教科書を調べれば載っていますので・・・

以上今年試験を受ける人はがんばってください!!!

 

また来年以降影響があると思いますが救急救命士標準テキストも変更される事が決定し間もなく出版される予定です。私も非常勤講師を続けますので買い替えないと(笑)

皆さんも最新の知識にアップデートする為に買い換えましょうね!!

 

代表 佐藤武諭毅

-------------------------

全国唯一の救急救命士通信教育!!

本気で勉強する方を応援します(^^)

募集中ですので是非詳細をご覧ください。

詳細ページはこちらから・・・・

-------------------------