新しいページの追加について

皆さん こんにちは(^^)/

 

私は今年度最後の講義の為に、岩手県におります。

 

さて当社ホームページの改良を行いました!!

まずはトップページスライドです(^^)

 

事業の説明をトップページでお伝えしたいと思い作成しました。

 

また、スタッフページなども改良を加えているのでご覧くださいね。

さて今週末も救護が入っております。

年末&気温も下がってきましたので心肺停止等も注意していきたいと思います!!

 

代表 佐藤武諭毅

新コンテンツの写真撮影

皆さん こんにちは。

今朝は福島県郡山市内 震度5弱の地震がありました。

津波なども観測されましたが皆様の地域はいかがだったでしょうか?

今後も余震には警戒をしてくださいね。

 

 

さて、本日当社では新コンテンツ作成に向けた写真撮影を実施しました。

プロのカメラマンさんにも現地に来ていただき

またモデルさんにも来ていただき撮影を進めました。

img_1287

天候もよく大変よい撮影日和となりました。

img_1277

img_1271

各種イベント救護の安全性を高めるためのツールになります(^^)

完成次第、写真も掲載していこうと思いますのでしばらくお待ちください!!

7j2a0087

やっぱりプロの方が撮影される写真って違いますね!!

 

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

代表 佐藤武諭毅

-----------―--------------

たくさんのお申込みありがとうございます(^^)/

間もなく締め切りをむかえる企画がありますのでチェックしてください!!

・救急救命士国家試験通信教育 詳細ページへ

・平成28年度 救急救命士国家模擬試験 詳細ページへ

・救急救命士国家模擬試験 解説講座 詳細ページへ

救急救命士国家試験模擬試験【オリジナル】受験者募集のお知らせ

皆さん こんにちは。

 

この度当社は、

株式会社 壮道社 様

株式会社 晴れ書房 様

が実施している救急救命士国家試験模擬問題を個人向けに販売させていただく事となりました。

なお問題に関してはオリジナル問題を使用しております。

 

今までは学校単位でのみの受験でしたが、当社にて個人様へも発送させていただきます。

 

なお試験は個人成績表も作成いたしますので

・苦手分野の把握

・本番試験前の力試し

・新しく追加になった処置拡大及び出題数の問題をストックする

という意味でも今年度受験生はもちろんの事、在学生の皆さんも受験して損はない内容となっております。

scn_0001

※独自に合格予想ランク等も記載されるようになっております。

 

詳細に関しましては特設ページをご覧ください。

詳細ページへ【こちらをクリックしてください】

 

なお試験申し込みには期限がございます。

お早めにお申し込みください。

 

第40回救急救命士国家試験日程も発表されました。是非対策計画はしっかりしてくださいね!!

 

ご不明な点がございましたら当社までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

※なお予告なく募集終了する場合がございます。

 

代表 佐藤武諭毅

株式会社様の救急セットを制作中!!

皆さん こんにちは。

今福島県に到着しました!!札幌は涼しく快適でした(^^♪

やっぱりこちらは少し暑いですねぇ。

 

さて明日は岩手県に出張です(*^^)v

 

タイトルにもありますがいつもお世話になっている会社様に

専用の救護バックを作成いただきたいとのお話をいただき、現在セットを制作中です。

 

インターネットでも検索するとたくさんの救護バックセットや救急セットが売られていますが

業種に合わせた救護機材をそろえてほしいと要請があり、いろいろ検討をして作成しています。

 

なお機材に関しては労働安全衛生法の救急資機材項目に従って準備をさせていただきました。

 

特に資機材項目に入っている担架に関しては・・・

20160530202157742

ディスポーザブル担架を用意させていただきました。

この担架は不織布で出来ており、軽量で折り畳みが出来るので車にも簡単に積載可能です。

 

また汚れた場合には捨てることも可能です。

 

今回は5セットの発注をいただきましたので予算の中で最大限活用できる機材をそろえました!!

 

またすべての機材は使用方法を書いた資料を当社で作成させていただき、救護バックに合わせて入れておきます。

 

また、機材の購入に関するアドバイスや消耗後の購入もサポートさせていただくため

電話番号カードも入っています(^^♪

 

皆さんの事業所でもそろえたい方はお気軽にご相談ください!!

当社でご購入いただければ、そろえた機材を使用して実践的な講習会も可能です!!

 

代表 佐藤武諭毅

イベント救護体制コンサルタント業務を頂きました(^^)/

皆さん こんにちは。

昨日に引き続き勤務中です(^^)/明日郡山へ帰宅します。

 

さて先日、長野県内で行われるイベントの救護コンサルタント業務を頂きました。

 

この救護体制コンサルタント業務は、イベント救護打ち合わせ~当日の救護体制を含めてコンサルティングをさせていただきます。

当事業所の救急救命士が1名現場へ伺います。

 

救護人員配置、救護資料、救護員の資格などなどから当日の活動や救護員からの意見なども加味し、【コンサルティングレポート】を提出させていただきます。

 

第三者機関の評価は重要だと思います。救護専門の当社に是非お任せください!!

 

また救護資機材や人員配置の見直しを行うことで予算削減効果も期待されます。

イベントは民間企業様が行ってる場合も多いです。

ですので最小限予算で最大限安全が重要ですね!!

 

まずは長野県の案件に関して今から準備です。

6月に伺います(^^)/

 

ご依頼頂きありがとうございました。

コンサルを依頼されて本当に安全に気を付けて活動されているなと嬉しくなりました!!

 

全力コンサルティングさせていただきます(*^^)v

 

代表 佐藤武諭毅

第39回救急救命士国家試験電子データ販売について

皆さん こんにちは。

タイトルにもあるように今回 第39回救急救命士国家試験 電子データ(PDF)を販売することになりました。

なお電子データはPDFにて閲覧可能なものになっております。

 

【購入方法詳細】

販売データ名:第39回救急救命士国家試験(電子データ版)

販売内容:試験問題ABCD、別冊写真、解答(解説なし)

販売価格:1500円(税込み)

支払方法:銀行振り込み

申込開始:平成28年3月22日より

販売日時:平成28年4月2日より順次メール送信(先着順)

購入方法

①下記フォームに必要事項を記載してください。

申し込みフォームへ

②当事業所より銀行振り込み先をメールします。

③振り込み確認後、メールアドレス先にデータを送付します。

 

注意事項

①データは他人へ配布できません。個人での利用に限ります。

②多人数で使用する場合には別途ご連絡下さい。

③予告なく販売を中止させていただく場合がございます。

 

以上になります。

ご不明な点がございましたらご連絡いただければと思います。

介護従事者向け救急講習会について

皆さん こんにちは。

私は福島県浜通りでの仕事の為に泊まりです!!

 

福島県、特に浜通りは今日は朝方でも13℃と、とても暖かい日でした!!

皆さんの地域はどうでしたか?

福島県内も来週あたりは寒くなるそうなので体調を崩さないように気を付けてくださいね。

 

さて、今日は介護従事者向け救急研修のお話を少し(^^)/

先月より発表させていただいた介護従事者向け研修ですがいくつかお問い合わせをいただきましたありがとうございます。

 

講習会では従来の心肺蘇生法というわけではなく(重要部分についてはお話ししますが)その他の事、

 

救急車を呼ぶときに何を準備するのか?

何を病院へ持っていくか?

どんなことを救急隊(救急救命士)に伝えるか?

を救急救命士目線からお話しさせていただければと考えております。

 

また施設内での救急体制構築、かかりつけ医師がいる場合の対応法についての流れ、実際に119番通報をしたらどうなるかを一緒に考えていきます!!

 

必要ないな・・・と思われる方もいると思いますが、いつ自分が救急車を呼ぶか分かりません!!

 

是非お早めに講習会を受講していただければなと思います。

 

開催地域は現在福島県郡山市内ですが今後は東北県内での開催を予定しております。

なお全国どなたでも福島会場で受講可能ですのでお時間がある場合は是非参加してみてください(^^)/

 

【救急救命士 新特定問題】

問題17:次のうち血糖測定機について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 測定値の単位はmg/dLで表記される

2 血中グルコースと試験紙内酵素が反応して電流が発生し、その電流値から血糖値を求める

3 試験紙は3回まで再使用可能である

4 ヘマトクリット値が20%以下になると血糖値が低めに測定される

5 イコデキストリンを含む透析液を使用している患者の血糖値は実際より低めに測定される

----------------------------------------

昨日の答え 問題16:2・5

----------------------------------------

代表 佐藤武諭毅

 

どんな業種にも救急技術が必要なのかもしれない?

皆さん こんにちは。

今日も引き続き、福島県内での仕事です。

 

さて最近は新たな事業展開の為に様々な方との意見交換、考える時間を多く取りました。

 

その中で今後は様々な業種。業態の中で初期救急対応の研修が必要になるのではないかと考えております。

 

例えば・・・

先日東京へ出張に行った際の出来事ですが、工事現場の看板付近に【AEDが設置してあります】との表示を見つけました。

最近は工事現場などでも設置するようになってきたし、郡山市内でも珍しくはない光景です。

 

しかし私が驚いたのは現場に立っている警備員さんでした。

腕章(腕に巻いてありました)に一次救命処置終了者と記載があり、心電図とAEDの絵が書いてあります。

 

こういう事が出来るという表示を前面に出しているんだなと(^^♪

確かに普通の警備会社さんとは一味違う独自性が出ているなと思いました。新たな強みですよね!!

 

この取り組みは、他業種でもやると新たな顧客と利益の創出が出来るんだなと思います。

成熟した業種・業態の皆さんは検討してみてください。

 

先日郡山市内の介護事業者の皆さまへ介護従事者の為の救急セミナーの案内を送付させていただきました。

是非ご検討いただければと思います。また郡山以外の皆さんも時間がありましたら是非お申込み下さい(^^♪

セミナーお申し込みはこちらから

 

【救急救命士 新特定問題】

問題14:次のうち、血糖測定適用の状況はどれか。2つ選べ。

1 25歳の男性。意識レベルJCS20 インスリン自己注射使用歴あり

2 60歳の女性。意識レベルJCS30 激しい頭痛後の意識障害

3 41歳の女性。意識レベルJCS3  経口血糖降下薬使用歴あり

4 56歳の男性。意識レベルJCS100 経口血糖降下薬使用歴あり

5 39歳の男性。意識レベルJCS300 腎不全の既往

 

----------------------------------------

昨日の答え

問題11:1・2

問題12:3・4

問題13:1・2

----------------------------------------

 

代表 佐藤武諭毅

講義終了&明日から営業の為東京出張です(^^♪

皆さん こんにちは。

無事に救急救命士科での講義を終えて帰宅しています。

 

明日は東京都内での業務打ち合わせのために2日間滞在する予定です。

スケジュール的には余裕をもって計画しましたのでゆっくり東京も楽しみたいと思います(‘ω’)ノ

 

そういえば先日気になるニュースを見ました。

(もしかしたらブログに書いたかもしれませんが・・・)

 

高層階(25階以上の)建物に住んでいる方で、心停止などが発生し、救急車を要請した場合の救命率がかなり低いとか・・・

 

当然救急隊の到着時間も高層階になればなるほど遅くなります。

 

それに伴い救命率も格段に下がるそうです。

 

そうするとマンションコンシェルジュさん向けの救急講習会なども必要な気がしてきました。

例えば救急隊が素早く到着できるように

①玄関のオートロックは解除しておく

②エレベータに迅速に救急隊が乗車できるように待機させておく

等、従来の応急処置を学ぶとは違った【救急隊を支援する】活動を伝えたいなとふと思いました。

 

なんか色々考えられそうです(^^)/

アイディアがまとまったらお知らせしますね!!皆さんからのご意見ございましたら是非お問い合わせまで!!

 

【救急救命士 新特定問題】

問題6:クラッシュ症候群について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 輸液で循環血液量の回復、電解質補正、酸塩基平衡の改善が期待できる

2 受傷部位は下肢が全体の約3割である

3 初期から末梢動脈拍動が感じられない

4 挟まれた骨格筋は10分~15分で不可逆的損傷をきたす

5 重量物解除前に救急隊は輸液と除細動器の準備を行う

----------------------------------------

昨日の答え:2・4

----------------------------------------

------------------------------------------

介護従事者向け救急研修会の開催決定(福島県郡山市)!!!

介護施設内での救急対応についての研修を半日かけて実施します。

119番通報するべき状態・症状・高齢者の特徴含めた充実した内容になっております。

 

救急が発生した際にどんなことに気を付ければよいだろう?

夜間は自分1人で見なきゃいけないし大丈夫だろうか?

救急隊にはどんなことを聞かれるの?

等など緊急時の対応についてお話をさせていただきます。

 

講師は普段「救急救命士」を目指す学生に講義をしている救急救命士の教員です。

皆さんのご応募お待ちしております(^^)/

お申し込みはこちらから・・・

介護従事者向け救急講習会のご案内!!【開催場所が決定しました】

代表 佐藤武諭毅

介護従事者向け救急講習会について

皆さん こんにちは。

今日は先日発表させていただいた介護従事者向け救急講習会についてのお話を少し・・・

 

皆さんは救急車を呼ばれたことがありますか?

救急隊・救急救命士がどんな活動をしているのか。なかなか伝える場面がありませんでした。

 

逆に介護従事者はどんなことに注意を払って業務をしているのか、何をしているのかあまり知る機会もありませんでした。

 

今までの救急講習会といえば心肺蘇生法中心の実技形式でしたが、今回企画しているものは講義形式(座学)です。

 

救急対応に不安や心配を感じている介護従事者の皆さんには是非受講していただき、また会場で知り合った方との交流もしていただいて様々な問題を抽出・共有していきたいと思います。

 

よろしくお願いいたします(^^♪

 

【救急救命士 新特定問題】

問題4:次のうち正しいものはどれか。2つ選べ。

1 高浸透圧高血糖症候群はⅡ型糖尿病に多い

2 アルコール摂取時は低血糖にならない

3 血糖測定で要する血液量程度では血液感染症の危険はない

4 糖尿病性ケトアシドーシスはⅡ型糖尿病に多い

5 ブドウ糖溶液投与で意識が改善し、不穏になる場合がある

----------------------------------------

昨日の答え:4・5

----------------------------------------

 

------------------------------------------

介護従事者向け救急研修会の開催決定(福島県郡山市)!!!

介護施設内での救急対応についての研修を半日かけて実施します。

119番通報するべき状態・症状・高齢者の特徴含めた充実した内容になっております。

 

救急が発生した際にどんなことに気を付ければよいだろう?

夜間は自分1人で見なきゃいけないし大丈夫だろうか?

救急隊にはどんなことを聞かれるの?

等など緊急時の対応についてお話をさせていただきます。

 

講師は普段「救急救命士」を目指す学生に講義をしている救急救命士の教員です。

皆さんのご応募お待ちしております(^^)/

介護従事者向け救急講習会のご案内!!【開催場所が決定しました】

代表 佐藤武諭毅