救護・講習会の事例

救護実績最新情報につきましては下記をクリックしてください。
【Event Bank 様ホームページへ】

ファンダフル ENJOY!リレーマラソン 各種マラソン大会 救護

20160627135120940
20160627134327728
20160522185845511
20160522185911639

公園内周回コースのマラソン救護を継続して担当させていただいております。

こちらのマラソン大会はチケット販売等でおなじみの【ぴあ株式会社 様】が企画・運営されている
「ファンダフル ENJOY!リレーマラソン」です。

リレーマラソン形式で初心者の方もたくさん参加されております。
特に初心者の方はマラソンになれておらず体調を崩される方が多く発生する大会でもあります。

体調不良の方には声掛けと巡回をさせていただいております。

主催者様、ご担当者様皆の救護に対するご理解を頂いており、必要物品や熱中症など軽症対応に関する部分のスタッフ周知もしてくださり現在重大な事故も発生せず、安全に大会を運営頂いております。

継続してご依頼頂き私たちも運営スタッフの皆さんの顔を覚えてきました。
やはり、「顔の見える関係」、「互いに信頼し、なんでも意見をする」という部分が安全の根幹ではないかと思います。

当社は救護終了後に報告書を提出させていただいておりますが、救護以外の運営部分や参加者様のご意見も報告書盛り込ませて頂いております。

これからも主催者様と一緒に「救護」はもちろんですが、「運営」という部分でもたくさんお手伝いさせていただければと思います。

是非皆さんも仲間・職場の皆さんと参加してみてはいかがでしょうか?

今後とも当社をよろしくお願いいたします。

主催 ぴあ株式会社 様
ファンダフルラン実行委員会 様
お台場リレーマラソン実行委員会 様
救護内容 マラソン大会救護
業務内容 参加者・スタッフの救護対応
関連ページ ファンダフル ENJOY!リレーマラソン

バレンタイン・ランニング祭り2016等 各種マラソン大会 救護

マラソン大会①
マラソン大会②
20160319173040042
20160320215711956
20160320215712025
20160319173039998

マラソン大会企画会社様の救護全般を担当させていただいております。
お台場、横浜等開催の救護を複数担当させていただきました。

様々なテーマのマラソン大会を企画されており、特にバレンタインデーに開催されたマラソン大会は男女で走ったり、今後計画中の救護に関しても担当させていただく予定です。

当日の救護業務はもちろんですが、救護資料作成、救護報告書作成業務等を行いました。

また、救護対応で発生した傷病者ご家族への対応(救護終了後)もありましたので当方ですべて対応させていただきました。

今後ともよろしくお願いいたします。

主催 Get on sports 株式会社 様
救護内容 マラソン大会救護
業務内容 マラソン参加者・スタッフの救護対応
他所属スタッフの救護統括業務
救護資料作成
救護終了報告書作成
救護終了後の傷病者・関係者・ご家族対応
関連ページ Get on sports 株式会社
バレンタイン・ランニング祭り2016
第1回横浜ランニングフェスティバル
東京レインボーロータリークラブ 第1回 国際親善マラソンリレー

第一回札幌ランニングフェスティバル 救護

マラソン大会①
マラソン大会②

北海道札幌市内で開催されたマラソン大会の救護を担当させていただきました。

このイベントでは、
・札幌イベント救護ボランティアSEFA
・北海道救急医療研究会EZOLS
の団体様にボランティアとして入っていただき、共同で救護活動を行いました。

なおこのイベントは北海道内で初の開催で、参加人数も多い状況でした。
当日は天候も良く、熱中症の発生も心配されましたが幸いにも軽症のみで救護活動を終えることをできました。

これもひとえに協力いただいた両団体の皆様に活動していただいたおかげです。

今後も全国より救護等のお話をいただいておりますが、各地域の救護専門会社様、団体様と協力しながら安全を最優先に考えて活動していきたいと思います。

協力団体 札幌イベント救護ボランティアSEFA 様
北海道救急医療研究会EZOLS 様
救護内容 マラソン大会救護
業務内容 参加者・スタッフの救護対応
関連ページ 札幌イベント救護ボランティアSEFA 公式Facebookページ

震災復興音楽イベント 福魂祭 救護【医療支援事業】

20160311232700090
20160311232700262

2016年3月11日 震災から5年が経過しました。
福島県郡山市にある事業所として震災復興イベントに協力させていただきました。
イベントはビックパレット福島で行われた福魂祭です。

当日の活動では会場内の救護見回り、急病者への対応などでした。幸い軽症者のみでした。

なお今回のイベント収益金はすべて寄付される予定です。
当事業所では今後も復興等のイベントに多くかかわっていきたいと思います。

主催 福魂祭 実行委員会様
救護内容 音楽イベント救護
業務内容 参加者・スタッフ・出演者の救護対応
関連ページ 福魂祭ホームページ

トレイルランニング大会 救護コンサルティング業務

コンサル①
コンサル②

長野県で開催されたトレイルランニング大会の救護コンサルティングを実施させていただきました。

コンサルティング業務では前段階の準備として、資料作成や当社使用の救護資料の提示を行いました。
また医療関係者会議・スタッフ全体ミーティングにも出席し、救護で大事な部分を全体で共有させていただきました。

当日は救護体制や救護法穂についての確認を実施しました。

なお後日救護コンサルティングレポートを提出させていただきました。

最近はイベント内での事故でニュース報道もされています。
第三機関での評価も重要な事と思います。

東北風土マラソン&フェスティバル2015救護

風土マラソン4
風土マラソン3
風土マラソン2
marathon

宮城県登米市において実施された東北風土マラソン2015の救護活動を行いました。当事業所からは6名の救急救命士と共に救護活動に当たらせていただきました。
マラソンランナー救護はもちろんですが沿道にいる観客、スタッフの皆様にも注意を払いながらの活動です。

我々はモバイルAED隊としてコース上をマウンテンバイクで走行しながら救急事案が発生した際には駆けつけるという事をおこないました。

当日は気温が開始直前で急上昇したため急遽救護班は水分補給の呼びかけなども行いながらの救護を実施しました。またランナー1人1人の表情を見ながら体調不良をおこしていそうな方にお声掛けをさせて頂きました。
幸いにも心肺停止もなく無事に終了しました。

主催 東北風土マラソン&フェスティバル2015実行委員会 様
共催 登米市、南三陸町、一般社団法人登米市観光物産協会、登米市教育委員会、登米市観光推進協議会
救護内容 マラソン救護
業務内容 ランナー、観客、スタッフの救護活動
医療資格保有者(救護員)の手配(救急救命士等)
体調不良者、熱中症予防等の声かけ
AED等医療資機材、救護テントの管理・手配
近隣医療機関等との調整(傷病者受入、待機等)
配置図や救護資料の作成

イベント救護導入例 第22回郡山シティーマラソン

marathon1
郡山マラソン2
マウンテンバイク・郡山マラソン

福島県郡山市で実施された郡山シティーマラソン救護活動を行いました。郡山医師会の皆さんや近隣医療機関の皆様と救護活動にあたらせていただきました。担当箇所はゴール付近です。心肺停止や怪我が起きやすいのが統計上ゴール付近ですので注意を払いました。

当日は気温上昇もあり脱水症状で倒れる方もおりました。私も救護対応にあたらせていただき患者観察の結果、中等症以上と判断、消防救急車(119番)を要請させていただきました。幸いにも重症化する前に病院に搬送を行えました。一日も早い回復をお祈りしております。

大会では心肺停止は発生しなかったものの救急車要請が数件、救護所利用者が数十名おりました。

主催 郡山シティーマラソン大会実行委員会 様(郡山市・郡山市教育委員会・郡山市陸上競技協会・福島民報社)
後援 県南陸上競技協会・郡山市体育協会・郡山市小学校体育連盟・郡山市中学校体育連盟・福島県県南高等学校体育連盟・福島県特別支援学校体育連盟・郡山商工会議所・公益財団法人郡山コンベンションビューロー・ラジオ福島・ふくしまFM・郡山コミュニティ放送ココラジ・福島テレビ・NHK福島放送局・テレビユー福島・福島放送・一般社団法人郡山医師会・郡山看護業務連絡協議会
救護内容 マラソン救護
業務内容 ランナー・観客・スタッフの救護
体調不良者への声かけ
AED等医療機資機材の管理・使用

コドモイナGo2015 キャンプ救護(3泊4日)

救護①
救護②
救護③
救護④

福島県南会津伊南地域において実施されたキャンプへ救護員として同行いたしました。

このキャンプは福島第一原子力発電所での事故をきっかけに外遊びがなかなか出来ない小学生を対象として、自然豊かな福島県南会津町の自然の中で思いっきり遊んでもらいたいという思いで活動を開始したそうです。

川遊びや木登りなどの遊びがあり、それぞれの場所に当事業所の救急救命士が待機しました。

当日はかなりの暑さになり一時熱中症の心配もありました。
そこで遊びの前には必ず熱中症予防のお話もさせていただきました。子供たちも大人のスタッフにも真剣に聞いていただきました。

3泊4日でしたので24時間いつでも呼んで頂けるよう私たちもテント泊です。私たちも遊ばせて頂きました。

擦り傷や軽い体調不良はありましたが、幸いにも大きい事故もなく無事終了しました。
「次年度も是非」というお声掛けを頂きました。是非またご協力させて頂けたらなと思います。

    

主催 総合型地域スポーツクラブ「いな夢クラブ」様
協力団体 コールマンジャパン株式会社・野外学校FOS・福島大学・南会津町 他
救護内容 キャンプ救護(3泊4日)
業務内容 キャンプ実施中の事故や怪我に対応
関連ページ コールマンジャパン株式会社 未来を照らそうプロジェクト

FREEDOM aozora 2015 救護

救護①
救護②
救護③
救護④

宮城県で開催された野外音楽イベントの救護を担当させて頂きました。

このイベントは東北・淡路島・九州エリアの三会場で実施されているもので当事業所は東北会場を担当させて頂きました。
MINMIさんをはじめ、湘南乃風さん、加藤ミリヤさん、MONKEY MAJIKさん、ハジ→さん、スキマスイッチさん等多数の有名アーティストの皆さんが出演されていました。やっぱりフェスは気持ちが盛り上がりますね!!

救護は野外という事で熱中症等に注意を払いました。幸いにも当日は日差しがそれほど強くありませんでしたが高湿度の為、またアルコール飲料を販売されていて、かなりの方が救護室を利用されていました。
このイベントでは医師、看護師の皆さんもおり全員で活動させて頂きました。

ただ屋外で倒れて動けない事案の観察、搬送に関しては当事業所の救急救命士ですべて対応させて頂きました。幸いにも心肺停止事案等は発生しませんでした。

最後には救護報告書を作成させて頂き、対応事案に関する状況と来年度開催時必要備品のお話や反対に不必要備品のお話をさせていただきました。
すべてのイベントは予算が付き物だと思います。ただその中でもより優先度が高い機材を導入頂き、優先度が低いもの、実際に使用しなかったものは削っていく事が予算管理という点でも必要だと思います。
救護の質は上げて、予算を削減するというところにも貢献できればと思います。

ご担当者様からは「次年度も」というお声掛けを頂きました。本当にうれしい限りです。今後ともよろしくお願いいたします。

主催 株式会社ニュース・プロモーション 様
救護内容 野外音楽フェス救護(参加者 約1万人)
業務内容 音楽フェス実施中の参加者・スタッフの救護対応

RockCorps supported by JT 2015 コンサート救護

救護①
救護②

福島県福島市で実施されたRockCorps2015コンサートの救護を担当させていただきました。

RockCorpsとはボランティアを体験してその御礼としてコンサートへ招待されるというイベントでアメリカ発祥だそうです。

当日は約4000名の方が参加されました。

イベントには福島県知事や中島美嘉さん、PUFFY(パフィー)さん、HOME MADE家族さん、DJ KOHNO(ケツメイシ)さん等豪華アーティストが参加されていました。

室内でのイベントという事もあり、現地救護担当者は1名でした。当事業所では契約救急専門医師と連絡を取れる状態にあります。対応困難事案等は助言要請等も可能な状態で対応させていただいております。
幸いにも重症な患者さんは発生しませんでした。

また次年度以降も対応させていただければと思います。

主催 RockCorps supported by JT 実行委員会 様
株式会社サニーサイドアップ RockCorps, LLC 様
救護内容 室内音楽イベント救護(参加者 約4000人)
業務内容 音楽イベント実施中の参加者・スタッフの救護対応

講習会実績 除染等業務作業指揮者・従事者講習会

セミナー4
セミナー2
セミナー3
セミナー1

除染作業従事者を対象に福島県広域雇用促進支援協議会様が主催している講習会の異常時における措置の講習会のセミナー講師を担当させていただいております。

受講生数は福島県内会場により異なりますが30名~150名程の人数でした。

テキストを使用しながら事故が発生した際の対応方法や応急処置について勉強をします。講習会の途中には実際の事故事例を見てもらい自分が緊急時に遭遇した時にどう対応するか具体的に感じてもらいます。

また一次救命処置の実技指導も行い、心肺蘇生法やAEDの使用方法について指導させていただきました。

福島県内においては年々除染作業も増えてきております。不慮の事故がない様に安全に活動して頂ければと思います。
工事事業所様での救護に関する個別相談などもありましたので合わせて対応させて頂いております。

主催 福島県広域雇用促進支援協議会 様(厚生労働省 福島労働局委託事業)
構成団体 福島県・田村市・南相馬市・川俣町・広野町・楢葉町・富岡町・川内村・大熊町・双葉町・浪江町・葛尾村・飯館村・船引町商工会・常葉町商工会・都路町商工会・大越町商工会・滝根町商工会・原町商工会・鹿島商工会・小高商工会・川俣町商工会・広野町商工会・楢葉町商工会・富岡町商工会・川内村商工会・大熊町商工会・双葉町商工会・浪江町商工会・葛尾村商工会・飯館村商工会・福島市・郡山市・いわき市・相馬市・二本松市・新地町・福島県商工会連合会・福島県商工会議所連合会・福島県中小企業団体中央会
講習会内容 セミナー講習 一部担当(90分)
業務内容 主催団体ご指定の教科書を使用した応急手当・心肺蘇生法指導

教育機関 心肺蘇生法講習会(教職員対象救急講習会)

講習会①

学校教育機関の心肺蘇生法を担当させていただきました。

今回は学校の希望により窒息の講義についてもお話をさせていただきました。
講習会を実施する場所・事業所に合わせて発生しやすい事例、発生が予想される事例についても講義可能です。

学校教育機関ということで子供たちの命を預かるお仕事をされています。
先生方は終始熱心に講義と実技を受講されていました。

また講習会では実際に学校に配備されている実機(本物のAED)を全員で確認する時間を取りました。
練習で使用するAEDとは違う事もあり、実践的な訓練ができたと思います。

各施設に設置している救急資機材はあるんだけど・・・使い方がわからない?誰か指導してくれる人はいないだろうか?という場合にも是非ご利用していただければと思います。

主催 福島県郡山市内 学校教育機関 様
講習会内容 心肺蘇生法及び救急講習会(窒息の解除)
講習会時間 90分×2回
受講者数 40名【教職員】

教育機関 心肺蘇生法講習会(学生対象救急講習会)

_MG_3669
_MG_3711
_MG_3690
_MG_3693

福島県郡山市内で心肺蘇生法講習会を実施しました。
学生数は280名以上と大型でしたが無事に講習を終えることが出来ました。

大規模の講習会では指導者人数が確保できない、心肺蘇生法講習会機材が手配できないという事が多くありますがそちらの手配は是非、当事業所にお任せいただければと思います。

福島県郡山市内でも高校生が心停止で倒れ搬送されています。
こちらの学校では必ず救急講習会を受講されているそうです。

部活動などもありますしいざという時の対応として勉強するのは必要ですよね!!

なお学校の校舎内にはAEDを3台配置しているそうです。
すばらしい試みだと思います。
学生さんと配置場所についての実践的な確認もできましたので有意義な講習会になったと思います。

主催 福島県郡山市内 学校教育機関 様
講習会内容 心肺蘇生法講習会
講習会時間 80分×2回×2日間 ※2会場にて講習人形10台を使用し実施
受講者数 280名【学生】

医療養成校 非常勤講師

当事業所代表が救急救命士科非常勤講師として勤務しております。

講義は救急救命士国家試験、疾病救急医学、外傷救急医学、シミュレーション実習を通年(1年間)を通して実施しております。また理学療法学科の薬理学・病理学も担当させていただいております。

担当養成校名 国際医療福祉専門学校 一関校 様
講義担当学科 救急救命士学科・理学療法学科
講義担当内容 救急救命士国家試験対策・疾病救急医学・外傷救急医学・救急シミュレーション実習・薬理学・病理学・健康と社会保障・救急処置各論 等
関連ページ 国際医療福祉専門学校 一関校

【過去実績】
・学校法人 新潟総合学院 国際メディカルテクノロジー専門学校 救急救命士科
                               言語聴覚士科 救急講義
                               臨床工学技士科 救急講義
                               看護学科 救急講義
                               鍼灸師科 救急講義
・(社)福島県鍼灸師会 青年委員会講習会「医療従事者の為の救急法」
・介護老人施設 泉崎南東北リハビリテーションケアセンター 心肺蘇生講演
・福島県立あさか開成高等学校 心肺蘇生法講習会
・福島県立郡山養護学校 心肺蘇生講習会
・福島県立清陵情報高等学校 心肺蘇生講習会
・福島県立郡山商業高等学校 心肺蘇生講習会 
・福島県立郡山高等学校 心肺蘇生講習会 
・郡山女子大学附属高等学校 心肺蘇生講習会
・帝京安積高等学校 心肺蘇生法講習会
・ライフサポートセンター 家楽 心肺蘇生法講習会
・慈愛のさと 寿光庵 心肺蘇生法講習会
・福島県中小企業家同友会 心肺蘇生法講習会

【一部抜粋】
その他、多数のイベント救護・講習会を実施いたしました。イベント主催者の皆様、講習会主催者の皆様、当社をご用命いただきありがとうございました。