Tag Archives: 休み イベント救護 救急救命士 救護 救急車 マラソン救護 心肺蘇生法講習会

休みもあっという間に終わり・・・

皆さん こんにちは。

長期連休も終わりましたね・・・あっという間でした(笑)

 

私も今回は暦通り休みを頂きました。創業1年も満たない事業所が休んでもいいものなのか・・・もっと頑張らないといけないですね。

話は変わりますが、今月の第3日曜日、第4日曜日は統一の公務員試験日です。当事業所に所属している救急救命士は消防本部の救急隊として活動しています。

救急車の中には通常3人で乗り込み(消防本部により違います)活動を行います。隊編成にもよりますがその救急隊員の中に救急救命士という資格を持つ救急救命士がいます。

救急救命士の仕事は主に傷病者観察や処置です。合わせて救急救命士には「特定行為」と呼ばれる救命処置が許されています。

【特定行為】

気管挿管・・・心肺停止の傷病者の気道にチューブを通す

静脈路確保・・・心肺機能停止傷病者の静脈に針を刺し、ラインを作成する

薬剤投与・・・心停止傷病者に薬剤を入れる

心停止前静脈路確保・・・心停止が予想される傷病者に静脈路確保を行う

ブドウ糖溶液投与・・・糖尿病傷病者で低血糖状態の方に溶液を入れる

 

上記は傷病者の状態を観察して。実施可能かを判断し、医師と連絡を取り、指示を頂いて実施される行為です。普段はこんな業務をしています。

ですので傷病者状況を電話でいかに正確に、早く伝えるかも大切な能力でありまして・・・傷口や状態を伝えるのは結構難しい!!

 

上記トレーニングを積んで(まだいっぱいありますが)、厚生労働省が実施する試験を合格すると厚生労働大臣より免許が交付されます。

私は専門学校卒業ですが専門学校ではシミュレーション実習のほか救急車同乗実習や病院内実習も実施されました。ここでの臨床経験は今の自分にも活かされています。

 

と話はずれましたがこれからも優秀な消防官・救急救命士がたくさん日本に輩出されればよいと思います。

 

また就職できない救急救命士がこれ以上増えないように民間救急救命士が勤務できる場所が今まで以上に増える事を切に願います。事業を拡大して私も一端を担えるように頑張りたいと思います。

 

とまた話はずれますが最近高規格救急車を購入したいと思っています。

搬送ではなく救急資機材を積載した状態で色々なイベント救護へ行きたいなと思います。特に心電図計等も積載すれば結う事なし!!でも高い!!新車で3000万円をどう捻出するか・・・

中古救急車を譲っていただける、若しくは寄付して下さる方はご連絡ください。

 

代表 佐藤武諭毅