Tag Archives: マラソン救護 イベント救護 救急救命士 救急 救護室勤務 救護室 救急車

非常勤講師業務と救護室業務

皆さん こんにちは。

今日は救急救命士非常勤講師としての業務が1日ありました。

今回は呼吸器系疾患を指導しました。現場で観察など役立ててもらいたいなと思います。

20150612224516319

さて、今日はとある大型商業施設様の救護室にて救護業務が出来るかとのお話を頂きました。すでに看護師さんは配置している様ですが搬送、救急対応のため救急救命士も1名追加したいとの事です。

 

予算等もあるとのことでオススメさせていただいたのが繁忙期の夏休みや休日のみ救急救命士を置くというのをご提案させていただきました。

あくまでも確率になりますが、人数が多ければ救急事案が発生する可能性があります。ですので限られた予算の中で実施したいとの事でしたので日程については細かく設定させていただく予定です。

 

後は、合わせて無料のスタッフの救急講習会も実施することになりそうです!!!ありがとうございます!!!これで平日も安心ですね!!!

 

安全に配慮されている施設という事で正式に委託した際にはホームページにてご紹介させていただきます。今後とも良質な提案が出来るように努めさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

 

代表 佐藤武諭毅

99%の人が誤解しているイベント救護で重要な事・・・

皆さん こんにちは。

今日は24時間の当直勤務に入って救急対応の待機をしております。

20150321142529344

イベント救護について私がとても重要だなと考えている事があります。

それはイベントスタッフ、ボランティアの方々と協力するという事です。

 

どんな事を協力して頂くかというと・・・

①倒れた人を発見したとき、救護班呼んでいただく

②スタッフの方の応急手当

です。

 

救護班の人数は限られています。近くにいない場合もあります。

関係するスタッフの皆様全員が救護を実施出来れば、これ以上安心な事はありません。

 

でもいざ自分の目の前に倒れた人が目の前にいたらドキドキしてうまく対応できませんよね?

当然、心の準備も含めて事前の講習会や勉強は必要になります。

倒れた方のその後の人生やイベントの想い出を守る為なら時間がないと思っても出来ます!!!

 

救護班の人員を増やすことも1つの方法ですが、スタッフへの救急講習会がより効率的で現実的と思いませんか?

 

代表 佐藤武諭毅