100㎞マラソン大会の救護が終了しました!!

皆さん こんにちは。

昨日岩手県内で行われた100㎞マラソン大会の救護が終了しました。

 

朝5時スタート~夕方6時終了、また距離が100㎞で

山を越えていく大変過酷なレースです。

なおエリアが広いので管轄消防本部も場所により異なります。

当社は走路巡回を担当、救護所は医師・看護師の皆さんが担当という形で実施しました。

 

救護エリア、移動範囲ともに広いので、自動車を使用しての救護です。

朝方は晴れておりましたが、途中から大雨となり、

低体温等も発生しました。

 

幸いなことに全員が軽症で重症事案は発生しませんでした。

 

全国的にも珍しい長距離でのマラソン大会は独自の救護体制も構築しなければなりません。

今回の救護でも私たちの中で改善すべき点が多々見つかりました。

 

昨年からお世話になっているのでこの2年間の経験をもとに、

次年度以降も安全で快適な救護体制を構築していきたいと思います。

 

代表 佐藤武諭毅