救護(救急医療)×テロ対策

皆さん こんにちは。

今日はもう一つだけブログを更新したいと思います。

 

というのもイベント救護から帰宅後、テレビを見ていると

宇都宮での爆発事故に関するニュースがありました。

イベント救護のブログはこちらから・・・

 

宇都宮公園ではイベントも開催されていたそうで

相当数の方々が会場にいた模様です。

 

車、公園のベンチ爆発という事で周辺住民の方々はテロだったのかとというお話でした。

 

どんなイベントでもこのような事故が起こる可能性があるのですね。

爆発に巻き込まれた人はもちろんですが、

事故を目撃した方もショックで体調を崩されたそうです。

 

会場内の救護体制については不明ですが・・・

救急救命士だからこそやれることって沢山あります。

 

特に医療者<傷病者になった際には、通常救急対応ができませんので

多数傷病者救急対応に切り替えます。

 

重傷者を選別するトリアージを実施します。

toritagu

色を使用して重症度を分類し、病院へ早急に搬送する人を確認する方法です。

 

 

救急救命士は特に、大規模災害及び多数傷病者事案の訓練も専門で受けています。

(→私もMCLSという多数傷病者対応事案訓練の資格を所有しています。)

 

当社救護バッグにもトリアージタッグを備えております。

 

このイベントには救護は必要ないと思わず、

是非多数人が集まる会場には救護班を常駐させてください。

 

急病、事故以外にも今回のようなテロに似た事案が発生する場合があります。

当社イベント救護に関してはこちらから・・・

 

怪我をされた方の回復をお祈りしております。

 

代表 佐藤武諭毅