仙台でのお仕事!!【救急救命士国家試験勉強法について】

皆さん こんにちは。

今日はこれから仙台のほうに向かいます。

 

明日は救急救命士としての勤務がありますので宿泊はなしです(´・ω・`)

次回はゆっくり楽しみたいと思います。

 

話は変わりますがAEDが普及して町中のいたるところで見かけるようになりました。

しかし現場で心停止傷病者に使用された例はかなり少ないそうです。

 

やはり使用前には躊躇や不安などがありなかなか使えないのが現状だそうです。

 

機械は増えましたが、使うのは人間です。

是非使用頻度が高い、警備業の皆さんや学校教育機関等の人数が多く集まる施設の方は定期的に心肺蘇生法を受講してくださいね(^^♪!!!

 

さて救急救命士国家試験も残りわずかですね。

皆さん、直前の勉強法はどうでしょうか?

 

直前ですので、まずは

体調管理に気を付けて、徹夜等はやめた方が良いと思います。

後は再度過去問題を3年~5年分を確認する

まったくわからない問題は捨て問題にする

 

をやっていった方が良いと思います(^^♪

 

受験生の皆さん頑張ってください!!

 

 

【救急救命士 新特定問題】

問題9:次のうち正しいものはどれか。2つ選べ。

1 低血糖状態が続くと、脳神経細胞が細胞死する

2 脳神経細胞は、脂質・タンパク質をエネルギーとして利用する

3 血糖が高くなると脳浮腫をきたすことがある

4 血糖が高くなると乏尿になる

5 脳細胞はブドウ糖の貯蔵・合成を行う

----------------------------------------

昨日の答え:2・4

----------------------------------------

代表 佐藤武諭毅