イベント救護にて心肺停止事案が発生しました。

皆さん こんにちは。

今日は救護の為、出かけておりましたが会場内で心肺停止事案が発生し対応させていただきました。

 

※会場名等につきましては個人情報の観点から控えさせていただきます。

また、こちらのブログに内容を記載する理由は

①ブログを見ていただいてる皆様にも心肺蘇生法講習会、救急講習会を受講していただきたい

②イベントの大小に関わらず救急医療専門スタッフを常駐していただきたい

ということをお伝えしたいためです。

20151227220204962

イベントは比較的小規模(200名ほど)でしたが心肺停止が発生しました。

 

ちなみに・・・

心肺停止発生率 0.0007/1,000人 Review: Michael, 1997

(マスギャザリングに対する災害・救急医療体制 より)

 

確率は非常に稀です。しかし発生します。

ですので救護医療班の待機は重要なのだと思います。

 

今回はAEDによる電気ショック、心肺蘇生法を実施し意識が回復しました。本当によかったです。

特に関係者の方が心肺蘇生法を受講された方で迅速に的確に対応いただきました。

 

またAEDを救護班専用に準備したのも救命に役立ったのだと思います。

(施設管理事務所にもAEDがありましたが迅速な活動を行うためレンタルしました)

 

この機材は高知県にある「救命コム」様よりお借りした機材です。

AEDだけでなく専用のバックもお借りしたかったのでこちらのものを使用させていただきました。

20151227220205053

「救命コム」様ページはこちらをクリック  救命コム様ありがとうございました。

 

その後救急隊に引き継ぎを行いました。

1日も早い回復をお祈りしております。

 

代表 佐藤武諭毅