救急救命士とは

 救急救命士とは、「厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示の下に、救急救命処置を行うことを業とする者」【救急救命士法第2条】です。
 
 救急救命士は、救急車などに乗り傷病者のもとへ駆けつけ、救急現場の状況評価、傷病者の観察、処置を行いながら病気、怪我に応じた医療機関へ搬送します。病院前の救護をプレホスピタルケアと言い、医療資格で唯一の病院外専門職です。

 心肺停止を含む重症傷病者の救命率、社会復帰率を向上させるべく平成3年に救急救命士法が制定されました。

about

 救急救命士が実施できる救急救命処置は多岐にわたります。病院のように専門がなく、心肺停止対応はもちろんの事、交通事故などの外傷、小児領域・産科領域・精神科領域等、様々な傷病者に対応できなければなりません。
また多数傷病者事案にも対応しなければいけません。